woovivid

秋の花粉症は症状にのどの痛みも?時期によって違う、そういう時の対処法とは

秋の花粉症にここ数年悩まされている。
花粉症が春だけでなく、秋にもかかる病気だというのはずいぶん定着してきているようだ。

だが症状もこの時期のものはのどの痛みとか、微熱やだるさと言った、一見風邪と間違うようなものが多い。

たぶん他の人も春とは違うような特有の症状が出ているのではないだろうか?
実際、何となくではなくて、確かに違いがあるし、のどの痛みなどが出た場合、どうすればよいのだろうか迷うことも多い。

そういうところも含めて秋の花粉症、どういうものなのか、どうすればよいかを語っていこう。

スポンサードリンク

秋の原因はスギ花粉ではないし風邪と間違われやすい!

秋にでる花粉症は症状として、まず春のものと同じもの、つまりくしゃみ、鼻水、鼻づまりや目のかゆみが中心となるのだが、これに加えて微熱が出る場合がある。

実のところ私はのどの痛みとともに、この微熱があった。
最初風邪かと思ったものだが、それにしては妙に鼻が詰まるので、むしろ花粉症だと思って耳鼻科に行ってみたらやっぱりだった。

なので秋はふつうのアレルギー症状のほか、こういうのどの痛みや微熱、そして頭痛が起こりやすい。

もちろん春でもこうした症状が出る人もいるのだが、春の場合、まず時期的に早いうちはスギ花粉によって発症する。

このときにはあまりのどの痛みなどは出ず、その後に続いて飛散するヒノキの花粉によって出ることが多い。
heyfever
これら秋の花粉症の原因になる花粉は、ブタクサやヨモギ、セイタカアワダチソウといった雑草の花粉によるものとされている。

そして同じくのどの痛みが出る場合が多いようだ。
その理由はやはり鼻づまりが起こりやすいためと言われている。

鼻が詰まるとどうしても口だけの呼吸になるため、睡眠中もそうだがのどの方が乾燥してしまい、それが高じると炎症からのどの痛みが起こる。
そしてそれを放置したままだとその炎症部分から風邪のウィルスに冒され、本式に風邪に移行してしまうのだ。

そして微熱。
これは症状が風邪に似ているため、体が風邪のウィルスを除去するために体温を上げようと反応するためだ。

スポンサードリンク

予防法は春と異なるものも?

秋の花粉症をどうやって予防するのか?

実はその方法、大きく分けて二つとなる。
一つ目は、春の時と同じくマスクや目薬などの花粉症グッズを身につけて外出し、帰宅後には服をはたいて花粉を落とす、目や鼻を洗い、そしてのどもうがいするようにする、という一連の方法だ。

もう一つは、秋に特有の症状を引き起こす花粉の性質によるものだ。
その原因となるブタクサなどの花粉は、春のスギ花粉やヒノキの花粉と異なり、あまり飛散しない。

これは花粉自体が重くて、あまり遠くまでは風に乗って運ばれたりしないためだ。
なのでちょっと意外だが、こうしたブタクサやヨモギ、セイタカアワダチソウなどの雑草のそばに近寄ることをなるべく避けるよう心がけることも大切だ。

のどの痛みがあるときは

そしてもしものどの痛みが起こってきた時には、これも二つの方法がある。

一つには、のどの痛みが出るのは鼻づまりによって過度に呼吸でのどを酷使したことが元となる。
なので鼻づまりを解消できればよい。

その一つの方法として、ツボ押し両方がある。
鼻の両小鼻の横にある「迎香」というツボ、そしてそのすぐ上にある「鼻痛」というツボを両手の人差し指でしばらくの間マッサージするとよい。

やってみるとお分かりだが、鼻づまりがすぐに改善されてくるはずだ。
lady9
また、鼻の穴の中にワセリンを塗って、花粉が鼻の粘膜に直接付着してアレルギー症状を引き起こすのを防ぐという方法もある。

そして二つ目だが、マスクをする、また部屋の中だったら加湿器を稼働させて、十分に湿度を保つようにするとよい。

のどの炎症は乾燥によって引き起こされることが多いので、こうすることでのどが乾燥することを防ぐことが出来るのだ。

根本的に治す方法は

最後になるが年々花粉症を発症する人が増加している。

その原因はいろいろ言われているが、一番の原因は、食生活の変化や睡眠など不規則な生活習慣の増加、そしてそれによるストレスの増加で体の免疫機能が下がってきたことではないだろうか。

なのでこうした生活習慣の中からストレスを増大するものを取り除いていくことが一つの解決方法だろう。

そしてもう一つ。
できるだけそういう季節に入るひと月くらい前から、予防の準備をする必要がある。

これは秋のでも同じことで、しっかりとした体調管理をしておく必要がある。
免疫力を高めるために、規則正しい生活をなるべく心がけ、また偏食を避けて緑色野菜、青魚や大豆食品を食べ、喫煙やアルコールも控えた方が良いだろう。

春に比べて秋の花粉症は目立たないかも知れないが、着実に増加している。
ぜひ油断しないようにしていただきたい。

遠藤朱夏(えんどう あやか)

スポンサードリンク
Return Top