woovivid

ローラが登坂広臣とペアルック画像載せて仲良し度アピール!やらせかマジかド炎上!

ローラがJSBの登坂広臣クンとペアルック画像を堂々と自分のインスタに載せるというとんでもない行為に出ている(!)。

普通ローラのようにタレントや有名人は自分たちのロマンスをひた隠しするものだが、彼女の場合何というか、そんなアタマがないようだ。
お陰で知りあいのJK達はカンカンに怒っている。

いったい彼女、登坂広臣クンと本気なのかどうなのか?
ペアルック画像がやばすぎるというので今インスタ見たら削除されているようだけど、ちょっとそのあたり真相を探ってみよう。

スポンサードリンク

モニタリングとNAOTOが二人の出会いのカギ?

ただ、ローラのようなタレントになるとそれなりにも芸人ばかりでなく、アイドル歌手にも顔が広いのは納得できる。
JSBの登坂広臣くんとの出会いも、バラエティ番組「モニタリング」で始まったといわれている。
TBS「人間観察モニタリング」で、JSBのリーダー・NAOTOさんとまず進行があったローラが、彼を通じてJSBの登坂クンと知り合ったのがきっかけのようだ。

確かにJSBは以前にもモニタリングでいろいろな特番を手がけていて、ローラの出番とはかみ合わないようにも思えていたが、もちろん楽屋裏ではいろいろな接点があったはずだ。

でも登坂くんとのペアルック画像をローラがわざわざ自分のインスタに掲載するのは、よくよく何か“感じる”ことがあってのことだというのは間違いない。

それがよけい悔しい、と知人のJK。
知人とだけしかかけないが、結構な数のJK達を私自身、仕事を通じてよく知っているということだ。
model
でもローラのインスタにああいうペアルック画像を置いとくって、結局登坂広臣クンの方もそれを許したということだよね?
その点で少なくともお互い意気投合しているということだよね?

だからあおりかやらせか、何となくそんなに追いもするんだけど、やっぱりお互いそういう気持ちがなければああいうペアルックとかの画像っておかないじゃん?

それ考えるとやっぱり腹立つ!何よローラって!

という風に、彼女たちの「感想」をアバウトに追っかけてみたのだが、ローラ自身は以前にも似たような男性疑惑の騒動があったりするし、そのときにはもちろん登坂クンではなかった。

そしてその後は何もなかったかのように跡形もなく噂は一瞬に広まって散っていったものだ。

ローラの男性関係、だから考えてみればすごく泡沫的な印象がないわけではない。
今回はどうなんだろうか。

スポンサードリンク

自分の理想的な恋人は登坂広臣だとローラが公言?

だが今回はローラの方も凄く腹が据わっているというか、何か鬼気迫る決意ぶりを見せているところもあったりする。

その一つが自分の登坂広臣クンに対する理想的な男性の公言。

元々12年にはローラ自身、EXILEのバラエティ「EX-LOUNGE」で出演した時、

“恋人がいてもデートしたくなる男”

という男性を選んではっきりと登坂広臣君の名前を挙げている。
つまり今回ローラがペアルック画像をインスタに載せた行為は、そこから逆算しても足かけ4年にわたる“思い”があったんではないのか?
というわけだ。

ローラと登坂広臣クンとのペアルック画像騒動、今後尾を引いてまさかのゴールインになるのかどうかは何とも言えないが、それこそこれだけの彼女の行為でド炎上になる。

相当なセンセーションがまだ続くかも知れないし、ローラだっていつまでも独身でいるわけにも行かない。

ベッキーみたいにとんでもない不倫騒動に巻き込まれないとも限らないが、もちろん登坂クンなら同じく見込んで独身、そして年齢的にも合致。

でもJK達を前に、オバサンの私が

“そうなってもいいんじゃないの?美男美女同士だし?”

と上から目線でいうのも彼女たちを悲しませることとなったかも知れないのではばかられた。

今のところEXILE、そしてローラの所属事務所の双方も二人の関係については“本人任せ”の姿勢を崩していない。

それだけによけいな炎上も今後くすぶると思われるのだ。

なお、ローラのインスタ自体はそういうわけでペアルックの画像はもちろん、炎上コメントも削除してしまっている。
コメントブロックも一時はしていたようだが今は解除。
そして彼女本人がブロックについては謝罪している。

公平にいって、こういうポイントは彼女、新がしっかりしている女性かも知れないのでほめても惜しくないと思う。
idol
だがとにかくとにかく。
登坂広臣クンとの関係がいったいどうなっているのか、思わせぶりな画像を出すのも結構だが(結構ではないけど)、同時にファンに対しては二人の関係がいったいどうなっているのか、当事者本人達の口から本当のことを知りたい。

月並みだが私の感想としてはこうなのだが、知人のJK達は
「聞きたくない!」
とのこと。
これもわかるなあ。

えがみななみ

スポンサードリンク
Return Top