woovivid

福袋2017 予約も含めてレディース30代へのおすすめ!考え方もいっしょにまるごと知恵!

福袋も2017年の予約がかなり出そろってきている。
レディース30代向けの商戦も熱くなってきていて、狙うこちらとしてはどの福袋を選んでよいか、ということもそうだけど、どんな買い方が一番オトクなのか、そして2017年の特徴、去年までと比べてどんなことが変わってきているのか?

財布の様子といっしょに予約の内容を見ていろいろ考えている方が多いにちがいない。

そして一番のカナメ。
レディース向けでも30代となるとどういうポイントに気をつければよいのだろうか?
そういうマストな情報を見てみよう。

スポンサードリンク

すでに予約が完売しているとところも!

すでにこの時期、2017年の予約では私の好きな楽天を始め、レディース向けコンセプトで出色のikka(イッカ)、ミッシェルクラン(MICHEL KLEIN)などが予約を開始し、早くも通販による売り切れが出てきている。

ちょっと前と違ってオンラインの通販で手軽に予約できてしまうので、それだけ女性達は初動が早い。

こうなると人気店や人気ブランドの福袋は、ある意味「巧遅よりも拙速」が大切で、私の経験上でも少々自分の意に沿わないような値段とか中身の概略であってもさっさと買うのがコツだ。
luckybag
念のため、予約スタートとなっている有名ブランドは下のようになっている。
オンラインサイト名もつけておいたが、もちろんまだまだたくさんある。
いずれもレディース30代向けのブティックやコスメとお考え頂きたい。

ikka(イッカ) 11月10日 
theory (セオリー) 11月16日
ミッシェルクラン(MICHEL KLEIN) 11月22日
INED(イネド) 11月23日
ナノユニバース(nano・universe) 12月02日
FASHIONWALKER 11月11日
ITOKIN ONLINE STORE 11月22日
高島屋オンラインストア 11月23日
楽天市場 RAKUTEN BRAND AVENUE 11月24日

予約をぐずぐずしていられないのだが、福袋というものの元々の性質をちょっと考えてみよう。

基本的に福袋のコスパは最強!逃したら損?

福袋というのは要するに売れ残りの商品をかき集めて、それを安売りするものだ。
要するに「残り物には福がある」に掛け合わせた意味を込めて、何か縁起のよいものだという風に店舗やブランドで担いでいることになる。

残り物とはいえ、普通に買えば手の届かなような本来的に高額な商品が、この福袋に限っては怖ろしい安値で買えてしまうのだ。

これが一番の魅力で、女性だったら20代であろうと30代であろうとそれこそ目の眩むような魅力を感じる人も多いはず。コスパが最強だといわれるゆえんだ。

ただ、福袋はどこでもそうだが中身が分からないようになっている。
つまり当たり外れがある。

自分の思い通り以上の商品が、同じく想像以上の金額分(もちろん元値)入っていれば、それが「福」なのだ。

福袋のお得感は買ったときだけ?

ただ、福袋の中身が服にしろコスメにしろ、自分の思い通り以上の商品が入っているということはなかなか無いものだ。

確かに定価よりもダントツに安く手に入るのでお得感が強いのだが、そのお得感も買って持ち帰り、中身を見て確認して、そこでの間だということになると言ってよい。

下着類のブランドを福袋で買ったとしてもサイズや色柄が自分の場合と著しく違う、最悪の場合ムリしても着られない、身につけられない、という悲劇もある。

私の友人などはそういう外れ商品が福袋にあったときにはオークションに出すことを考えているという。
去年も出品したらしいのだが、なぜか落札者は男性だったという。爆笑

結局のところ流行が廃れているので、確かに中に着る下着類が狙い目となるけれども、それでも長い目で見れば得なのかどうか?

知人友人の中には20代の頃はバンバン福袋を買った女性もいるが、アラサーになってくると懲りたというか、ずいぶん冷ややかになっている。

スポンサードリンク

オンラインショップが福袋の弱点をカバー

そういうわけで当たればラッキーなのだが、あたりはなかなか無いもので、後で後悔する人も多いはずだ。

だが

だがこの2017年も予約出すでに完売しているブランド店もあるとおり、依然として福袋の人気は強い。
それどころかますます加熱していると言えるようだし、現に私も福袋を見直していいたりする。

その原因の一つはオンラインショップの台頭。
多数のラインナップを持つ各ショップやブランドの福袋を検索してその中身の方向性を確認し、その上で買うという手法だ。

店当該の時にもそういうことは行われているが、オンラインショップだと何でもかんでも並ばなくてはならない、というような強迫観念もうすい。
つまり落ち着いて自分の好みの福袋を選べるようになってきている。

ネットの発達で消費者も目が越えてきたし、ただ単に安く売ってもお客は寄ってこないと言うことを売る方も考えてきたのだろう。
redrounds
ただ、それでももちろん福袋本来の性質は変わらないから、当たり外れは相変わらずあると言ってよい。
それでもレディースで30代向けというと、年齢的にちょっと店頭で買うのが気が引ける方もいるはずだ。
そんな時オンラインショップは大変ありがたい。

そして数あるオンラインショップの中でも楽天が一番のおすすめだ。
ポイントもたまるし、非常に多くのブランドが提携しているのが強みで、それこそお得感が強い。
Stylife (スタイライフ)などはその典型だろう。

福袋はそういうわけで2017年も健在だし、予約も早々スタートしている有名ブランドでは売り切れも発生している。
ただ、それでもシーズン中に何回かに分けて予約を受け付けているブランドもあるし、こまめに店舗やサイトをチェックしておくとよいだろう。

そして福袋が外れたとしても過度に後悔しないこと。
福袋というのは元々そういうものだし、そして人気のブランドだったら繰り返すけれどやっぱり「巧遅より拙速」が決め手となるだろう。

蛇足になるけれど、2017年は私も出遅れてしまって、レディース30代向けにはいつもナノユニバースになってしまうのだが、今回は予約をスルーしている。

外れるのが怖い、というわけではないにしろ、もっと当たり外れで評判のよさそうなブランドを探してみたくなったためだ。
同じレディースでも30代として、動きがそれなりになっているのかも知れない。苦笑

山口昌子(やまぐち あきこ)

スポンサードリンク
Return Top