woovivid

厄年でお祓いすると効果がある?本気で考えてその筋の人に聞いてみた件

厄年になったから、お祓いしたら病気とか事故に遭わないような効果ってあるのだろうか?
マジメにこういうことを考えてみる人は多くはないかも知れない。

そしてその回答としては、
「まあ常識で考えれば、普通はないってこたえるんじゃないかな」
という人、考える人が大半だろう。

だがそれでも厄年の年齢の人は神社や仏閣に足を運んでお祓いの行事を済ませなくてはならない、そういう社会通念みたいになっている。

だとすれば気持ち的に安心できるし、そういう精神衛生上、「それなりの」効果もあるんじゃないか?
というように考えることもできるだろう。

だがちょっと“その筋の”人に問い合わせたところ、また別な答えが返ってきた。

変にうさんくさいようなものではない、神社とか祈るという行為自体についてけっこうタメになる話だと思う。
これから厄年のお祓いをしようとしている人、そうでない人も含めてぜひいっしょに考えてみていただきたい。

スポンサードリンク

厄年など信じない科学者でもお祓いする不思議さ

厄年になったから誰でもお祓いすべきだ、だから行くのだし、いわば効果なんて元々ないに決まっている。

科学的な立場から言えば全くこれでよいかも知れない。
だがその科学という分野の最先端を行く人たちとか医師など、それでも神社に詣でたり、墓参りには行くはずだ。

おそらくそういう人たちはあくまでも“気持ちの問題”だということでそういう行為をするに違いない。

私自身も厄年にお祓いしたからといって、良い効果があったり、そういうものを期待できるかどうかは怪しいと考えている。

だが、“その筋の人”、つまりスピリチュアル的な考え方を教えてくれるある人から言われたこととして、そういう神社というのは何かと言うことを考えてみるとよいという。

真剣に正しい願いをすれば通じる

その人(女性)の話を続けてみると、仏閣もそうだが、神社についても住吉神社、八幡神社や金比羅神社など、いろいろな種類がある。
そしてそれぞれの種類について祈願や守護する「受け持ち」が異なることもよく聞かれることだ。
shrine
だがその人の言うには、そういう細かなことはすっ飛ばして、ある一つのことを祈願に行く人はぜひ考えて欲しいと語るのだ。

それは何かと言えば、そういう神社仏閣に詣でるときに一番大切なのは何かと言うこと。

それは一も二もなく、
“よこしまでなく素直な気持ちで、正しく真剣に願いごとを祈ること”
それをまず考えなくてはならないということだ。

その人間の頼み事に嘘偽り、またはよこしまな私心がなければ聞き届けてくれるものだ、というのが彼女の説になる。

だから厄年だから祈願することに異議を唱えるものではないけれど、祈るのだったら形だけでなく、心の中から見守ってくださる神様に感謝し、決して変な浮気心を起こさないで祈ること。

神様が聞き届けてくれるかどうかはそれでも分からないが、少なくとも大きな前提として、「こちら側」ではそういう正しい祈り方をしておくことがまず大切だという。

スポンサードリンク

神社というのはそもそも何?

その人の話を続けると、そもそも神社にはそれぞれ鎮まっているスピリットがある。

その神社の「神様」と呼ばれている霊で、元々生前は人だったが死んで後に主神に鎮まったり、この世に生まれることのない、いわゆる「自然霊」と呼ばれる、霊格の高い高級なスピリットで構成されている。

そしてそれらのスピリットは人間の世話をしていてくれていて、正しく祈りさえすれば「聞いてくれる」というのだ。
神社の役目というのは、まさにここにある。

その「神様」達が自分の元に祈願に来る人の心の中を察して、その上で願い事を叶えてあげるかどうかを判別していく。
ごくごく大まかに言えばこういうことだそうだ。

だから「神様」が高級であればあるほど、真剣で真心から発した願いごとが通じることになる、ということとなる。
prayer
逆に変に利得や棚ぼたを考えたり、他人を踏み倒して自分だけが得をしよう、恋敵をつぶしてやろう、などというような願いごとをしても通じるワケではない。

そういう願いごと、生身の私たちが聞いても不愉快だし、神様だったらなおさらだろう。
なのでそういう頼み事をなまじ持ち出したりすると、逆に「天罰」が降ってきたりもする。

また、そこまで行かずとも何の気持ちなども持たずにただ形ばかりの祈願をしたところで効果はほとんど望めない、ということだ。
耳の痛い話だが、厄年のお祓いとか厄除け祈願にあるのは大半がこのパターンに違いない。

厄年の祈願でもきちんと心を向けること

だから仏閣でもそうだし、厄年のお祓いといえど単にそういう年齢が来たからと言う、義務的な気持ちでお参りに行っても何の効果もない、とその人は語る。
あったとしてもそれこそせいぜい自己暗示。
“気持ち的に安心感を与えてくれる”だけだということだ。

「ただ、厄年だけに限るくらいならまだいいんだけど、何でもかんでも祈願とかお祓いに依存して病的に“しまくる”のも良くないんだよね。
自分で努力することがまず優先事項。自分の力でどうしようもない、というときにそういうことを考えればいいワケよ

「そしてもっと言えばむしろそういう願いごとをするより、感謝の気持ちを強くもつこと。
神様というのは、こちらの都合にかかわらずちゃんと私たちを見守ってくださっているんだからね」

結論として。
厄年のお祓いを本当に効果を望もうとするならば、そういう神様に認めてもらえるような正しい気持ち、持って真剣に願い出ること。
これしかない、ということになるだろう。

女も30代は厄年が2回も回ってくる。
それだけ昔から健康や生活で何かが起こりやすいということだろうし、ぜひこうした“心の知恵”とでも言うべきものを行動にして頂きたい。

山口昌子(やまぐち あきこ)

スポンサードリンク
Return Top