woovivid

猫背が原因で性格まで暗くなる?良い事一はつも無い悪い姿勢から逃れるには

貴方は猫背だと一に言われたことはないだろうか?
日本人は大半が猫背だといわれているが、それが原因で性格にまで悪影響を来している、といったら驚くかも知れない。

だが姿勢が原因となって性格を形作るというのはよく知られている。
猫背が原因で暗い性格になるし、また逆にそのためによけい猫背になったり、と“鶏と玉子”のような感じさえある。

悪い姿勢というのは見た目、美容にも良くないが、それ以上に病気にかかったりしやすくなるし、また性格や心の病気などにもつながっている。
それだけ大きな問題になるのだ。

いろいろ筋トレとかストレッチなどで姿勢を正す様な情報も多いけれど、果たして一番良い効果のある方法は何だろうか?

スポンサードリンク

性格も含めて猫背が心身不調の原因に

ただ、いずれにしても猫背のままだといろいろと心身が不調になる原因となりやすい。
猫背もある意味そういう不調を示してくるといえる。

実際猫背の人の性格は積極性が乏しくて不安や心配事をかかえやすく、物事を悲観的に見やすくなる。
これはこういう市井の人というのは絶えず下方、つまり地面を見る姿勢になっているのが原因といえるようだ。

そいいう屈折した性格が原因になって社交的でなくなるし、また姿勢の良い人たちと比較すると滑舌だってあまり良いものではない、

そしてそういう自分自身にまつわるマイナスをことさらに思考の中心に据えて考え続けてしまうから、よけいに心が屈折してくる。

そしてまたそういう暗い性格が、逆に猫背を助長させる原因となってしまうようだ。
もちろん心だけの問題ではなく、実際に肩が凝りやすくなるし、場合によっては背中や首まで痛くなる。
中には手や指がしびれたりする人もいたりする。
肩こり
この原因は、悪い姿勢によって筋肉や腱に余分な負担のかけ続ける結果、その筋肉が過度に緊張してこわばり、凝っていく。
それで血行が阻害されてしまうのだ。

その結果、代謝も衰えてくるし自律神経のバランスも崩れやすくなる。
実際、猫背が原因で自律神経失調症まで引き起こされるとも言われている。

このため精神的にも不安感やイライラがつのるようになってくるし、過呼吸やだるさ、疲労感がとれなくなってくる。

また、背中を丸めて内臓を圧迫し続ける結果、胃腸の機能が低下して胸焼けや吐き気にも見舞われることすらある。
逆流性食道炎と言って、胃液が食道に逆流する結果、胸焼けが起こったりする。

こういう身体的な不調を絶えずかかえているわけでもあるから、これらも原因となって暗くて屈折した性格を形成してしまうのだ。

スポンサードリンク

猫背を辞めて背筋を伸ばせば性格が変わるのは確か!けれども問題も

来い宇心身両面の不調の原因となる猫背をやめることは、もちろんとても大切だ。

だから日常生活の上で絶えず姿勢をチェックしたり、オフィスワークなどではできるだけ背中を丸めた姿勢を直すようにすべきになる。

ここまでは誰でも気がつくにちがいない。
しかしながらこういう悪い姿勢が原因となっている場合、姿勢自体を直すのは実のところすごく大変だ。

というのも、自分で気づいて姿勢を直すまではよいが、気づかない場合もあるし、逆に背筋を伸ばした姿勢が辛くなって、もとの悪い姿勢に戻ってしまうことだって往々にしてあるからだ。

気づいて直す時点だけは正しい姿勢になっていたとしても、それ以外の時間でいつも猫背だったら意味が無い。
また、そういう風にムリに意識するのではなく、自然に正しい姿勢になっていることができなければ性格なども根本的に変えようがない。

一番大切なのは、そういう風に、普通にしているときにこそ正しい姿勢になっていることだ。

姿勢をしっかり直すために忘れてはならない二つの方向性

じゃあそのためにはいったいどうすれば良いのだろうか?

単にストレッチや筋トレを行って一時的に猫背を辞めることは出来ても、ちょっと時間が過ぎたら「元に戻る」、これを払いのけるためには二つ、考えるべき方向性がある。

一つには、姿勢を根本的に直すのはそういうわけでなかなか難しいわけだから、専門家つまりカイロプラクティックや整体の治療を受けて専門家のアドバイスをもらい、原因を正しく取り除いていくべきだ。

考えてみれば性格など、すぐに変わるべきものではない。
素人ではなかなかムリな部分も多いはずだ。
だから長い目で見ながら、自己流に陥らずしっかりと信頼できる専門家の治療やアドバイスを聞いて、素直に従った方が良い。
マッサージ
もう一つは、そういう長いスパンと努力が伴う改善になるわけだから、当然実行する当人もそれなりの覚悟と根気が大切になる。

特に猫背などの悪い姿勢は、場合によっては子供時代から引き続いた悪い習慣行為が固まってしまっているような場合も多い。

私もこの姿勢の問題で整体師の治療を受けたとき、「心の闇がある」と言う指摘をよくもらった。

正直言われた私としては「大げさすぎなのでは?」みたいに最初考えていた。
だがよくよく後で自分の性格を振り返って見ると、自分で感じただけでも確かにおかしな屈折があったりするのだ。

猫背の人というのはやはりそういう風に見られてしまうし、実際確かにおかしな性格の人も多かったりする。

姿勢の問題、そういうわけで着実に改善していくためには本当に正しい努力を継続していく必要がある。
本気で治そうとする方は、ぜひそういう決意でのぞむことを願いたい。
また、そういう決意をもってぜひ本気で悪い姿勢を直していただきたい。

遠藤朱夏(えんどう あやか) 

スポンサードリンク
Return Top