woovivid

厄払いは意味ないというのは確か?誰も書かなかった本当に考えておきたい大切なこと!

厄払いをしなくてはならない「厄年」という年齢が、30代の女性に2度も巡ってくるのはよく知られている。
でもその厄払い、厄年という年回りとともにあまり意味ない、迷信だ、と言うこともまたよく言われることだ。

はっきり言って、私も厄払いを経験した一人であるけれど、それ自体意味ないと断言している方だ。

自分自身で思うけれど、厄払いしていながら否定するすごく矛盾だ。
でも実は、考えようによっては本来の厄払いの持つ「効果」以上に大切な意味も含んでいる。

たぶんこれはあまり他の方も書いていないことだが、それでもすごく大切なことになることのはずなのだ。
それをぜひお伝えしてみたい。

スポンサードリンク

厄払いにそれ自体の効果は期待できないが、確かに意味がある!

実際私の経験で、こういう厄払いをして難を逃れた、神様に助けてもらったという話は聞いたことがない。
だからそういう神様の力が作用してくれるという本来的な役目では、確かに意味ない儀式、と言いきって良いし、実際あくまでもこれは昔からの慣習的行為だ。

そして後、この厄払いをしたかどうかで何が変わるかと言えば、受けた人は安心感がもてるということ。
逆に受けていない人はそういうものが持てない、ということになる。

私がぜひお伝えしてみたいというのは、まさにこの点だ。

つまりこういう厄払いという儀式を通して、それを受け止めている人たちの心へどうそれが影響しているか、ということにつきる。
神社
厄払いというのは一種の心の安全料、とでも言えるだろう。
つまり受けた人はたとえその年、前後の年などを無事に過ごしていれば、たとえ迷信と分かっていてもそれなりに安心できる。

そして仮に何かの災難があったとしても、厄払いしているためにもっと深刻な大事にならずにすんだ、という風にも考えていけるのだ。
こういう気持ちの支えには確かになっている。
その意味では確かに厄払いは“効果”があると言えるのではないだろうか。

厄払いを受けない人にも全然意味ないとは言えない?心の強さを持つことも大切に!

逆に厄払いというものに何のご利益とか効果はない、という人も多い。
そして厄年の年齢になっても厄払いしないとか言う人も少なくはないはずなのだ。

そして私の意見だが、こういう人たちの思考や行為自体も実は確かにうなずける。

それは何かと言えば、私にはないような心の強さがそういう人たちに見られる、ということだ。

厄払いとか、厄年とか言うことに神経質になってしまうのはよくあることだが、だからといって本当にその効果を期待すること自体は、そういうわけで全く意味ない行為だと断言できる。

だが、だからといって現実に全く厄払いをしない、したことがない、という気持ちの強さを持つ女性、どのくらいいるだろうか?

むしろそういう年回りの時に何かの災難とか病気になったらやっぱり厄払いに行かなかったせいかも、と思い込んでしまうのがオチだろう。

スポンサードリンク

 

でも何となく思うのだが。
厄払いに行って安心した人の方が、実際にはけっこう大なり小なりそういう災難に遭っていないだろうか?

逆に、全然厄年などに気を止めず、厄払いなど一度もしたことがない、そういう“独立独歩”みたいな思考ですごしている人の方がなんだか毎日をつつがなく過ごしていやしないだろうか?

私の周囲を見てみたりすると上の二つのケース、どうしてもそういうふうに目についてしまうのだ。
厄払いには意味ない、と心底思えている人は、むしろ幸せでいられるように思えるし、そういう心の強さを持つことこそが一番大切になる。

あくまでも私の周囲の人たちを観察してみた上での感想だけれども、同じように感じている人は絶対多いと思う。
いかがだろうか?

厄年や厄払いについてしっかりした考えを持つことも大切に

だから結論を急ぐわけではないけれど、厄払いに意味ないと考えるのも良いが、本当に大切なのは、

そういう年まわりとか儀式に対してこちらがどう考えていくべきか?

それが大切になるのではないだろうか。
巫女さん
もともと厄年というのは“役に立つ年”とも言われている。
昔は災難が多発しやすい年と言うことで、それに警戒するように、という意味を込めていた。
そういう心根である方がより大切になるはずなのだ。

厄年は単に厄払いという儀式を求めるものではない。
災難に備えて心や体、そして生活を引き締めて見直すこと。
それこそがこういう習慣を通して、昔から求められている知恵にちがいない。

そのようなわけで、最後にはドヤ顔みたいにして私も語ってしまって申し訳ないが、こうした知識、私の知人でスピリチュアル方面に明るい女性からもらったものだ。

厄払いに意味ないというのも勇気、意味ありと考えて受けるのも古来からの習慣を尊重する温和さ。
そういう清い気持ちでぜひどちらでも自由に選んでいただきたい。

山口昌子(やまぐち あきこ)

スポンサードリンク
Return Top